バスガイドって、実は意外と稼げるんです。


by rlk8mfw9dy

カテゴリ:未分類( 30 )

 菅直人副総理兼財務相が3日の会見で配布したペーパー「立候補表明にあたって」の要旨は次の通り。

 「政権交代による日本再生」の希望のたいまつを引き継ぎ実現するため、立候補の決意を固めた。鳩山内閣の一員として国民の期待に十分に応えられなかったこと、鳩山由紀夫首相を支えきれなかったことをおわびする。民主党が国民の信頼を回復するには、政治と金にまつわる問題にけじめをつけることが必要だ。民主党を国民に信頼されるクリーンな政党にしていく。沖縄の普天間飛行場移設問題でも多くの皆さんに失望を与えてしまった。日米合意を踏まえつつ、これからも沖縄の負担軽減という目標に向かって大きな息の長い努力が必要だ。

【関連ニュース】
民主代表選:菅氏、余裕の表情 樽床氏は若さ前面に
民主代表選:菅氏「月内に新成長戦略」
民主代表選:菅氏「無限に借金が増える方向ただす」
民主代表選:菅氏を岡田・前原氏が支持 樽床氏と一騎打ち
民主代表選:菅氏、3日夕に出馬会見 樽床氏も立候補へ

<傷害容疑>44歳母親逮捕 中1長女に虐待か(毎日新聞)
国会会期延長問題 仙谷、亀井会談は不発 国対委員長会談も平行線(産経新聞)
菅首相会見速報(6)衆参ダブル選に否定的(産経新聞)
<自殺>「いじめられた友を救えず」と中3男子 川崎市で(毎日新聞)
<建造物侵入>野球部部室に…34歳容疑者を逮捕…千葉県警(毎日新聞)
[PR]
by rlk8mfw9dy | 2010-06-11 18:32
 25日午前10時35分ごろ、新潟県村上市葡萄の国道7号朝日トンネル付近の側溝に人間の両足があるのを男性会社員(58)が見つけ、110番した。状況から切断されたとみられ、県警捜査1課などは死体遺棄事件とみて捜査を始めた。
 同課によると、見つかった両足はいずれもひざ付近で切断されており、側溝に沿って平行に並んでいた。近くには布で包まれた塊が見つかり、中身を確認している。 

【関連ニュース】
不倫清算で殺害か=逮捕の男、離婚進めず
母の遺体、自宅に埋める=遺棄容疑で息子逮捕
燦HD子会社役員を逮捕=女性社員の遺体遺棄容疑
乳児遺棄で母親逮捕=埼玉県警
道路脇に男性遺体=死体遺棄容疑で捜査

首相、宮崎訪問検討を表明(産経新聞)
自公会談 口蹄疫特措法案不調なら赤松農水相不信任決議案 28日に内閣不信任案で協議(産経新聞)
「赤い靴」の女の子像完成…異人さんの国へ贈呈(読売新聞)
警官が発炎筒置き忘れ、車全焼…都に賠償命令(読売新聞)
<交通事故>パトカーから逃げ、高校生ら重傷 無免許でオートバイ運転−−郡山(毎日新聞)
[PR]
by rlk8mfw9dy | 2010-06-01 20:10
 神戸市中央区の神戸地裁正面玄関で25日夜、焼身自殺を図った兵庫県三田市の無職の男性(85)について、生田署は26日、男性が搬送先の病院で死亡した、と発表した。

 男性は、「カバンの中に遺書がある」などと叫びながら、プラスチック容器に入っていた液体をかぶり、火をつけており、国を相手取った民事訴訟を同地裁に起こしていたとみられ、「判決に納得いかなかった」と話していたという。

【関連記事】
児童をかなづちで襲撃、5人けが ガソリンかぶって焼身自殺 中国
焼身自殺か?2人死亡 大阪・大東の民家
覚醒剤紛失「誤解」だった可能性 自殺の警部補
相次ぐ中学生の自殺なぜ 対人関係が苦手?
のろわれている? 中国携帯メーカー、若者7人次々転落死 
虐待が子供に与える「傷」とは?

移住促進へ情報提供 空き家バンク 各地で導入…課題浮き彫り(産経新聞)
<普天間>社民党が政府案反対方針で一致 福島氏沖縄訪問へ(毎日新聞)
子ども手当 満額断念「現金」「現物」上乗せ 選択、自治体任せ(産経新聞)
<警察犬>「アボイン」3度目の挑戦で合格(毎日新聞)
排気モニターで故障警報=放射能影響なし―もんじゅ(時事通信)
[PR]
by rlk8mfw9dy | 2010-05-26 13:36
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、北沢俊美防衛相は11日、沖縄県の仲井真弘多知事と東京都内のホテルで会談した。北沢氏は10日に鳩山由紀夫首相と関係4閣僚で決定した政府案の骨格を知事に説明し、理解を求めた。その後、平野博文官房長官も仲井真知事と会談した。政府は「5月末の完全決着」は断念したものの、米側や地元自治体と交渉を継続することで乗り切ることを目指し、沖縄側の理解を最重要視。鳩山首相の沖縄再訪問に向け、環境整備を図った格好だ。

 政府案の骨格は、▽米軍キャンプ・シュワブ沿岸部か沖合(沖縄県名護市辺野古)にくい打ち桟橋(QIP)方式で滑走路を建設▽鹿児島県・徳之島に海兵隊航空部隊の一部か訓練を移転▽久米島、鳥島の射爆撃場の返還、ホテル・ホテル訓練区域の一部返還▽米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)の戦闘機訓練を県外の自衛隊基地に移転−−などが軸。

 会談終了後、仲井真知事は記者団に「報道されていることに近い(政府案などの)話が断片的にあった」と説明。「どう計画が進んでいるのか、いつまでたってもよく分からない」と指摘した。徳之島への移設が地元3町長が首相に対して交渉継続を拒否して実現のめどがたたない中、主な普天間移設先となる沖縄には早急に理解を得る必要がある。防衛省幹部も「今後の交渉は仲井真知事との連携が重要だ」と指摘していた。【仙石恭、青木純】

【関連ニュース】
普天間移設:「先送り」閣僚発言相次ぐ
普天間:政府案骨格決定 くい打ち方式、徳之島移転など
国会:与野党攻防の激しさ増す 「普天間」「カネ」めぐり
普天間:北マリアナ知事が親書 海兵隊受け入れで会談要請
普天間移設:社民・山内議員、官邸前で抗議…くい打ち反対

手作りの土笛、どんな音色? 世田谷区の児童館で親子ら挑戦(産経新聞)
<普天間移設>「甘い汁は毒に」徳之島3町長、集会で訴え(毎日新聞)
子ども手当は1万3000円以上 民主、満額は見送り(産経新聞)
<メキシコ大地震>希少メダカの産卵床破壊 絶滅の心配も(毎日新聞)
森下優一君表彰 「お母さんの似顔絵全国コンテスト」(産経新聞)
[PR]
by rlk8mfw9dy | 2010-05-15 18:59
 高校生の子を持つ親の7割以上が「進路について子どもに助言するのが難しい」と感じていることが、全国高等学校PTA連合会(東京・千代田区)とリクルート(同)の調査でわかった。

 うち、3割は経済的な事情で選択が狭くならざるを得ないことを理由にあげており、生徒の半分近くは将来に不安を感じていた。

 調査は2年ごとで、今回は2009年秋に行い、9都道府県の公立高27校の2年生1953人、保護者1495人から回答を得た。

 子どもの進路選択についてのアドバイスが「難しい」とした保護者は毎回増加し、今回は05年より6・6ポイント、前回07年より3・6ポイント高い73%に上昇した。理由で最も多かったのは「社会がどのようになっていくのか予測がつかないから」(62%)で前回より10・2ポイント高くなり、「家庭の経済的な理由で子どもの進路の選択肢を狭めざるを得ないから」(32%)も前回より3・2ポイントアップした。進学先で重視する条件として、54%が「学費が高くないこと」を挙げた。

 一方、高校生の49%も、「自分の進路がどうなるのか不安」と感じており、保護者に対しては、33%が「自分に望みを高く持ちすぎないでほしい」と考えていた。

 大学・短大に進学を希望する高校生に就きたい職業を聞くと、教師が1位、公務員が2位に。保護者は公務員が1位、教師が2位で、親子とも安定志向がにじみ出た。

「政治ますます迷走」「早急な体質改善を」経済界、小沢氏「起訴相当」に批判と困惑(産経新聞)
【暗流独法「仕分け」】基盤研 天下り法人と癒着 不透明な契約も明らかに(産経新聞)
尼崎で554人分の子供手当申請 「横浜、東大阪市でも」というデマ広がる(J-CASTニュース)
震災時の体制整備、市区町村は6%=自治体の業務継続で調査−内閣府など(時事通信)
どろめ祭り 観客息のむ酒1升11.4秒一気飲み 高知(毎日新聞)
[PR]
by rlk8mfw9dy | 2010-04-30 13:54
 東京都葛飾区亀有の商店街に設置された人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主人公で両さんこと両津勘吉の銅像「サンバ両さん像」が壊された事件で、同区内の会社員の男(23)が警視庁亀有署に出頭していたことが23日、同署への取材で分かった。

 同署によると、男は「酒に酔った勢いで像を揺さぶり、折ってしまった」と話している。同署は男の供述の裏付けを行い、器物損壊容疑で書類送検する方針。

 男は16日夜から17日未明まで現場近くの居酒屋で友人数人と酒を飲んだ後、「サンバ両さん像」が持つ左手のマラカス部分を折ったという。居合わせた友人が目撃したとみられる。

 男は21日午後7時ごろに出頭し、「ニュースを見てびっくりした」と話している。折ったマラカスは捨てたといい、同署が捜索しているが見つかっていない。

【関連記事】
「商店街の仲間」両さんに“応急手当て”
マラカス返せ! 「こち亀」両さん像壊される
リチャード・ギア、ハチ公と対面「本物に会えて光栄」
「こなき爺」で妖怪談議 徳島の愛好家が“鬼太郎”の境港で
米国でも…盗難のカーネル像、ケンタッキー州で発見
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<石破茂政調会長>「日本」との選挙協力に積極姿勢(毎日新聞)
偽装献金事件 首相「来週にはすべて決着」(産経新聞)
宮崎の口蹄疫は韓国と同タイプ 農水省、O型ウイルス確認(産経新聞)
首相側近と国務副長官が会談へ、普天間協議か(読売新聞)
<裁判員裁判>強姦致傷事件で厳罰化傾向 実施状況を公表(毎日新聞)
[PR]
by rlk8mfw9dy | 2010-04-24 00:53
 18日午前6時55分頃、神戸市中央区中島通のプロテスタント系教会の関連施設「神戸ルーテル聖書学院」で、1階廊下に消火器が転がり、消火剤が散乱しているのを男性牧師(63)が見つけ、110番した。

 玄関のガラスが割られており、葺合署は、何者かが外から消火器を投げ込んだとみて、器物損壊容疑で捜査している。

 発表によると、消火器は安全栓が抜かれた状態だった。

 兵庫、大阪、京都、滋賀の4府県では2008年秋以降、プロテスタント系の教会を中心に同様の被害が50件以上、相次いでいる。

<大崎市長選>現職の伊藤氏が再選 宮城(毎日新聞)
仙谷国家戦略担当相 「次期衆院選で消費税アップ掲げる」(産経新聞)
無免許で高速道路逃走、最後は駆け足(読売新聞)
首相、徳之島1万5千人集会は「一つの民意」(読売新聞)
あの小野田さん、記念碑建立で故郷に錦(読売新聞)
[PR]
by rlk8mfw9dy | 2010-04-21 09:54
 使用後のライターをポケットに入れたら残り火で発火するなど、不注意によるライターの火災事故が5年間に83件発生していることが13日、経済産業省所管の独立行政法人「製品評価技術基盤機構(NITE)」の調べで分かった。

 ライターを使った子どもの火遊びによる火災は全国で相次いでおり、同省ではライターの安全規制について5月中にも結論をとりまとめたい考え。

 NITEによると、ライターによる火災事故は2004年4月から09年3月までに132件発生。死亡事故1件、重傷事故9件のほか、車が全焼する事故も3件起きた。製品の欠陥による発火も26件あった。

 このうち、不適切な取り扱いが原因の火災は83件。目立つのは使用後にすぐライターをポケットにしまい、残り火で発火したケースで38件あった。また、車の床に落ちたライターの着火ボタンが電動シートを動かした際に押されたり、引き出しの中で開閉の際にボタンが押されたりするなど意図しない発火が16件、ガス漏れや炎の高さ調節などを誤ってやけどするケースが29件に上っている。

 ライターの安全性を巡っては経産相の諮問機関・消費経済審議会が昨年12月から子どもがライターを簡単に操作できないようにする安全装置の設置をメーカー側に義務付けるかどうか検討しており、5月中にも結論がまとめられる見通し。

ホワイトビーチ案断念=普天間移設、徳之島が軸に−政府(時事通信)
石川知裕衆院議員、小沢氏の政経セミナーに姿現す(産経新聞)
厚労省室長、ウソ人事情報で部下から100万(読売新聞)
「新聞の集金に来ました」と詐欺未遂 無職男を逮捕 小金井署(産経新聞)
「日本の存在示した」ハイチPKO中即連隊長に聞く(産経新聞)
[PR]
by rlk8mfw9dy | 2010-04-17 05:46
 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、全国10地裁で係争中のB型肝炎訴訟の全国原告団・弁護団が7日、和解による訴訟の解決を求める請願書を鳩山由紀夫首相あてに提出した。

 請願書は鳩山首相に対し(1)被害発生に関する責任を認め謝罪(2)薬害肝炎救済法と同一基準の一時金支給を内容とする和解(3)恒久対策の充実(4)注射器使い回しの真相究明−を求めている。

 訴訟では先月、札幌地裁と福岡地裁が相次いで和解を勧告。長妻昭厚生労働相は政府対応について「(5月14日の札幌地裁の)次回期日直前まで検討することになるのではないか。今はまだ具体的な話ができる段階ではない」との見解を示している。

【関連記事】
B型肝炎訴訟、広島など7地裁に追加提訴
B型肝炎訴訟 10地裁で初の和解勧告 札幌地裁「救済範囲を広く」
肝炎基本法が成立 経済支援など総合施策推進
「350万人超への朗報」 肝炎3団体会見
肝炎法案は30日成立へ 民自公3党が合意
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<木落とし>急坂に熱狂 諏訪大社(毎日新聞)
帰ってきた「D51」 指定席は“瞬間蒸発”必至(産経新聞)
新婚旅行資金30万奪われる(スポーツ報知)
「大きな一歩、きちんと審理を」=決定に笑顔−面会人らに奥西死刑囚・名古屋拘置所(時事通信)
代理投票「報道関係者から指摘」民主党幹部(読売新聞)
[PR]
by rlk8mfw9dy | 2010-04-12 12:28
 福井県若狭町沖で見つかったウミガメの一種「オサガメ」の剥製(はくせい)が完成し、同町世久見の同県海浜自然センターで展示されている。5月9日まで。

 オサガメは甲羅の長さ約110センチで、昨年6月、定置網にかかり死んでいた。同センターによると、主に外洋で生息しているため沿岸部で見つかるのは珍しく、剥製も国内には数例しかないという。

 絶滅が危惧(きぐ)されているが、若狭湾では昨年、計4件の発見が報告されており、同センター職員は「若狭湾に生息する生物の多様性を知ってほしい」と話している。

スーツケース遺体 男が出頭、関与ほのめかす…石川県警(毎日新聞)
「勉強になる」接客アルバイト人気(産経新聞)
患者の骨折り看護師再逮捕=88歳女性への傷害容疑−兵庫県警(時事通信)
アパートの強度偽装、事前にばれて建築されず(読売新聞)
弁護士バー 東京・渋谷に開店へ 接客で法律相談はせず(毎日新聞)
[PR]
by rlk8mfw9dy | 2010-04-06 23:44